2010年07月20日

民主党参院選大敗

参院選が終わってずいぶんと立ちましたね。

そろそろ、政治の事をコメントしても捕まらないですよね。

今回の選挙。民主党大敗の陰に、みんなの党ありでしたね。

昨年の衆議院選挙で民主党は大勝しましたが、その理由は国民の「自民党NG」という感情から来たものと考えられます。

今回の参議院選挙では同じなんですよね。

自民党にNGという判断をした人達が自民党に流れたのではなく、みんなの党に流れただけの話ですね。

自民党が議席を伸ばした原因は本来なら民主党に集まるべき票がみんなの党に流れた結果、自民党が浮上したというだけの話で、決して自民党の人気が上がった訳ではないですよね。

実を言うと、今回の選挙で一番の問題と考えているのがこの所なんですよね。

何の改革もできていない自民党が議席を伸ばした。

これは正直、あってはいけない事と考えています。

何の改革もできていない自民党が勝ち、もし3年後の統一選挙も自民党が征する事になれば…日本はまた天下りが蔓延し、利権の為の無駄なダムや飛行場が乱立する日本になってしまいます。

そうなったら…外国に移ろうかな。

税金ばっかり取られて国民が幸せを感じる事が出来ないこの日本という国になんの魅力もないですからね。

今回、民主党が大敗した原因はやはり消費税ですよね。

勿論、鳩山元首相、小沢元幹事長のお金の問題とか、普天間の問題とかいった事も全く影響がないとは言いませんが…。

国民全員が、いつかは消費税を上げなければいけない事は理解していると思うんですが、その前にやる事があるでしょうというのが誰もが思っている事だと思います。

議員を減らすとか、公務員の削減、減収。
天下りの撤廃等々…。

いっぱい切りつめて出来るだけ税金を上げる事がないように努力をした結果、「やっぱり足りないんです。消費税を上げるしかないんです」という状況であれば、国民もバカじゃないんだから「増税もやむなし」となると思われます。

それを、やるやると言いながら全く実行しない民主党がいきなり増税って言っても納得行かないですよね。

今、国家公務員の平均年収が1000万を超えて、地方公務員でも平均年収が900万弱と、一般企業ではありえない話になってます。

そんな状況の中、公務員の年収をカットする事すらせずに増税を叫ばれてもねえ。

議員だってそうですよ。

昔から参議院は多いとか、必要ないとか言われながら結局手を付けずにここまで来てますもんね。

今回の参院選でも、「なんでやねん!!」っていう候補がいっぱいいましたもんね。

実名を挙げれば谷氏、三原氏、池谷氏、江本氏、中畑氏、庄野氏、等々…。

ここに挙げた方々を責めるわけではありません。

この方々を使って選挙をしようとした方々にいら立ちを覚えます。

要は、票が集めれそうで当選できるのでは?という観点で各政党が選んだ有名人ですよね。

政治とは関係のない方々ですよね。

頭数をそろえたいだけの候補者ですよ。

こういう人達っていつも参議院ですよね。

逆からいえば、各政党も参議院は誰でもいいという観点で選んでいるって事ですよ。

そんな存在に税金を投入して年収を払う必要があるんでしょうかね?

私は参議院なんていらないと思います。

もしくは、定員を減らすべきと考えてます。

一般企業では赤字になると、手当のカットもしくは廃止、賞与のカット、給料のカット、果てはリストラとなりますが、国は長年赤字の状態にも関わらず、公務員のこれらの事に対して何にも手を付けていない。

そら景気対策も遅れますよね。

リーマンショック以降、経済的に立ち直っていないのは日本だけと言っても過言ではない状況ですね。

これは何を物語っているかと言えば、政治家の怠慢と言われても仕方がないと思うんですよ。

でも、そら怠慢にもなりますよね。

リーマンショックがあろうとなかろうと彼等は収入が変わってないんですから。

リストラにもなっていない。

彼等にとっては対岸の火事なんですよ今の不景気は…。

だから何も発想しないし、何も動かない。

だいたいいまどき「派遣法を…」なんて言っているのがもう時代錯誤ですもんね。

派遣社員とか正社員とかではないですもんね今の不況は…。

完全に日本をどうするかという問題になってますもんね。

こんな不景気な時代に増税なんて言ったら「まずは無駄を切ってくれ!!」ってなるのは自明の理ですよね。

そんな事も気づかない政治家って…。

やっぱり良い給料をもらっているので分からないんですよね。

やっぱり議員と公務員の給料カット、リストラ、やりましょうよ。

そうすれば民主党の人気がまた上がりますよ。

民主党は公務員の労組と仲が良く、給料カットやリストラをする事により公務員の労組票が無くなるのを恐れている観がありますが、公務員の労組と日本国民のどっちが多いのか…誰が考えても明白ですよね。

議員、公務員の削減を標榜したみんなの党がこれだけ議席を伸ばしたんです。

この結果をみて、まだ議員や公務員に手をつけられないようであれば、民主党ももはや終わりですね。

小沢さんの事でも書きたい事があるんですが…それは後日にします。
posted by たか at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

アルゼンチン大敗

アルゼンチンが大敗しました。

メッシもゴールを決められず…。

今大会で私の好きなチームで残っているのは結局ドイツのみとなりました。

というか、私は日本、アルゼンチン、イングランド、ドイツが好きなんですが、日本は御承知の通り決勝トーナメント1回戦負け。

でも、ドイツは…。

今回は何故、このチーム、私の好きなチームばかりと当たったんでしょうね。

決勝トーナメント1回戦はドイツ−イングランドでしたが、どちらを応援すればいいのか正直迷いました。

また、今日も…。

ドイツ−アルゼンチンですか…。

こちらもどっちを応援したらいいのか悩みましたが、メッシのゴールが見たかったので、アルゼンチンを応援していました。

しかし、今日のアルゼンチンは…。

なんか本当にばらばらでしたね。

総合力の「そ」の字も無かった。

個人個人はテクニカルな良いプレーをしているんですが、それがつながらない。

思うに、メッシは下がりすぎなんじゃないでしょうか。

もっと攻撃的に仕掛けていくべきだったと思います。

もっと言うと、グループリーグの頃はなかなか良い戦い方をしていたのですが、決勝トーナメントに入って初戦のメキシコ戦でも、あまり良い戦い方では無かったと思います。

それに比べて、ドイツは本当に全ての試合において良い組織プレーを見せてくれてました。

決勝トーナメント初戦のイングランド戦にも大勝しているのですが、このイングランドはあまりよくなかったのでドイツの実力には半信半疑でした。

が、アルゼンチンにも大勝したドイツはやはりかなり強いですね。

今大会はバラックが怪我で出れなくなったので、ドイツは結構危ないんじゃないかなんて思ってましたが、全くいらない心配でしたね。

案外、今大会はドイツが優勝するのかも?なんて思わせてくれる強さですね。

まだ、W杯は続きますが、私の好きなチームではもうドイツしか残っていません。

こうなれば、ドイツの優勝と、クローゼのW杯歴代得点王を期待して応援しましょうか。

楽しかったW杯も後約1週間。

もう、終わってしまうのかと思うと寂しいですね…。

残りの試合はできるだけ観戦したいですね。
ラベル:W杯 サッカー
posted by たか at 02:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱