2010年06月30日

日本ベスト8進出ならず!!

悔しかったです。

日本代表の試合を見だしてかなりの年月が経ちますが、日本が負けて涙が出たのは初めてでした。

それにしても、PKというのは残酷なルールですね。

本当に運というファクターが多く介在するルールです。

決めた人、止められた人、外した人。

全て運の要素を抜きには考えられないですもんね。

駒野選手はこの先ずっとこのPKを忘れる事が出来ないでしょうね。

実を言うと今回のW杯スタメンの内、駒野選手と大久保選手が私的にはきらいな選手でした。

私が監督なら他の選手を起用したと思います。

が!

二人とも本当に素晴らしいプレーを見せてくれました。

勿論、だめだと思うプレーもあったのですが、そんなマイナス要素を吹き飛ばす程、多くのいいプレーがありました。

素直に、すごいと思います。

そんなアンチファンだった私をもうならせるプレーを駒野選手はしたんですから、このPKを外したマイナス要素よりも、今大会で自分がした多くの好プレーに誇りを持ってどんどん素晴らしい選手になっていって欲しいと思います。

誰も、駒野選手がPKを外した事を責める人はいないと思います。

岡田監督も「目標はベスト4」と掲げていたにも関わらず、ベスト16で終わってしまった今回の結果に対して、誰も責める人はいないと思います。

欲を言うと、俊介選手のプレーをもっと見たかったのはありますが、オランダ戦で途中出場した彼のプレーを見ていると、本当にコンディションが悪い事が伝わってきました。

俊介選手のコンディションが良くなかったのは日本にとっては不運でしたね。

また、森本選手のプレーも見たかったと思ってます。

実を言うと、今の日本代表で私的には一番得点の匂いがするFWだったものですから…。

しかしながら、今回の大会では本田選手、松井選手、長友選手のプレーはひかりました。

勿論、中澤選手、トゥーリオ選手、長谷部選手、遠藤選手、阿部選手、等々、素晴らしいプレーを見せてくれたんですが、海外のクラブのスカウトマンから見たら、恐らく先ほど挙げた3選手が目に付いたと思います。
(年齢的にもね。)

このW杯の後に彼らが海外のビッグクラブで活躍する事を祈りたいですね。

そうして、どんどん日本のサッカーがレベルアップして、いつか世界の強豪国として名を連ねれるようになって欲しいですね。

本当に素晴らしいW杯でした。

まだまだ見る事になると思いますが、日本の試合はひとまず今日で終わりです。

本当に次のブラジル大会が楽しみに思えるW杯でした。

素晴らしい戦いを見せてくれた日本代表選手、スタッフ全員に感謝です。
ラベル:W杯 サッカー
posted by たか at 03:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

イングランド敗退

イングランド、敗れましたね。

私はドイツというチームもイングランドというチームも、どちらも好きなチームなのでどっちを応援するか悩みましたが…。

結局イングランドを応援してました。

ドイツが先制しましたが、あのシュート、よくクローゼは決めましたね。

凄いです。

結果としては4-1という事で、ドイツの圧勝で終わったのですが、前半のあのランパードのゴールの誤審が無ければ…と思ってしまうのは私だけではないでしょう。

完全に入ってますよね。

リードして後半を迎えるのと、同点で後半を迎えるのとでは両チーム共に戦略がかなり違ったものになっていたと思われます。

恐らく、4-1なんていう大差はつかなかったんじゃないでしょうか…。

ただ、全体的な流れを見ているとドイツの方が本当にチャンスメイクと言った部分では凄く上手かったですね。

恐らく、あのランパードのゴールが入ったと判定されていたとしても、結局ドイツが勝っていたんでしょうね。

結局ルーニーは今大会ノーゴールで敗退する事になりました。

あれほどのストライカーでも点を決めれなかったりするんですね。

さすがはW杯。

ただ、この試合は見ているにはものすごく面白い試合でした。

さすがに決勝トーナメントともなるといい試合が見れますね。

W杯はまだまだ続きます。

いい試合をいっぱい見たいですね。
ラベル:W杯 サッカー
posted by たか at 04:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

日本決勝トーナメント進出!

ちょっと遅くなってしまいましたが、日本代表が決勝トーナメント進出を決めました。

あれから数日経ちましたが、いまだにスポーツニュースでは何度も放送されてますね。

本当にすごいことだと思います。

デンマーク戦は引き分け以上という日本に有利な状況でスタートしましたが、多くの方が言われていた通り、最悪引き分け狙いでディフェンス重視のプレーをしていたら勝っていたのはデンマークだったと思います。

ディフェンス重視のプレーをすると必然的に引き気味のプレーになりますので、平均身長で6センチ以上劣る日本は攻められ続けるとベントナー他デンマークの攻撃陣のヘッドで点を取られていたと思います。

そこを勝ちに行ったという所が今回の勝因でしたね。

ただ、この試合での一番の収穫はFKを2度点にした事ですかね。

ジャブラニという今回の公式球は本当に厄介なボールのようで、今大会では殆どFKでの得点はありません。

前大会、その前の大会と、総得点の内約3割の得点がFKによるものだそうです。

その中で、今大会では日本の2点と韓国の1点のみですか。

プレーヤー泣かせのボールですね。

今回の日本のFKによる2点は本田選手、遠藤選手の得点ですが、この二人はジャブラニを攻略したと言ってもいいんじゃないかと思います。

今後、日本と対戦する各チームは対日本戦略にFKも入れなければいけなくなります。

という事は、ゴール付近でのファールが致命的になりかねないという事を意味していますので、ゴール付近でかなり激しく当たってくるということがしにくい状況になります。

元々、日本はFKの名手が多いチームですしね。

そうなると、3点目で見せたショートパスをつないで完全に崩した状態でシュートするという形がかなり生きてくると思います。

3点目の岡崎選手のシュートは完全に本田選手のお膳立てによるごっつぁんゴールですが、あの場面でもし本田選手がシュートをしていたら、恐らく8割方決まっていたと思いますが、岡崎選手にパスすることで100%ゴールできる状況になるんですよね。

だから、あれは岡崎選手にパスして正解だったと思います。

ちなみに…。

このデンマーク戦後も世界のメディアはかなり日本の健闘をたたえるものでした。

本当にうれしいですよね。

日本が世界に認められてきた瞬間じゃないでしょうか?

いよいよ決勝トーナメントです。

フランス、イタリア、ナイジェリア、カメルーン等々、強豪国が予選リーグ敗退という番狂わせはありましたが、その他の強豪国は順当に残ってきました。

日本は初戦パラグアイ戦ですね。

パラグアイもかなり強いチームですし、楽観はできません。

しかしながら、ここに勝ったとしても、次の相手はポルトガルかスペインという事になります。

これは圧倒的に日本が不利ですね。

ただ、ポルトガルの方が調子が悪そうですので、できればポルトガルと当たりたい所でしょうか…。

日本はまだまだ進化できる余地がありますね。

俊介選手が復調すれば、さらに相の厚い選手層になりますしね。

もちろん、憲剛選手や経験豊富な稲本選手もいます。

また、森本選手もまだピッチに立っていませんね。

決勝トーナメントで日本と当たる各チームは恐らく、日本をグループリーグの3戦で再評価している事と想像できます。

もし、奇策があるとすれば…。

データ的に他のチームがあまり持っていないと思われる森本選手のワントップでしょうか。

もしくは、今のフォーメーションで色をかえていくのもいいかも知れませんね。

大久保選手の代わりに俊介選手、駒野選手の代わりに内田選手にして、後半、負けている状況であれば本田選手をトップ下に移して森本選手のワントップ。

交代は阿部選手とですかね。

といった形でも面白いのではと思われます。

とりあえず次のパラグアイ戦、頑張ってほしいですね。

ニッポン頑張れ!!
ラベル:W杯 サッカー
posted by たか at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱