2010年03月29日

世界フィギュア終結

世界フィギュアが終結しました。

結果は男子では高橋選手の金メダル、女子では浅田選手の金メダルと、日本にとって最高の結末でした。

しかしながら、二つ残念な事があった世界選手権でした。

まずは男子。

高橋選手は史上誰も成功していない4回転フリップに挑戦し、着氷しましたが、惜しくも回転不足、残念でした。

でも、こちらはさわやかな残念な事です。

記者会見の場で高橋選手が来シーズンの事を聞かれると、、「ショートプログラムから4回転を入れられるようにしたいですし、トーループ、フリップ、ともに4回転を練習していきたい。僕は、けがをする前は4回転をフリーに2回入れられていた。そのことにもこだわっています。体は元に戻ったけれど、技術的にも前の自分に戻りたいから。そのために練習を続けます」と言ったそうです。

それを聞いた今回銅メダルのブライアン・ジュベールは、「ダイスケがフリップならば、僕は4回転ルッツに挑戦しますよ!」と返して、会見の場は和やかなムードになったそうです。

話はそれましたが…。

もうひとつは、女子のフリーにおいて。

キム・ヨナ選手がショートでまさかの演技をした後のフリー。

まずキム・ヨナ選手の演技でジャンプの失敗による転倒が1つと、ダブルアクセルの抜けが1つ。

大きなミスとして二つも犯しました。

その後、浅田選手の演技は、2回のトリプルアクセルをどちらも着氷しましたが、1度は回転不足でダブルアクセル判定。

しかしながらその他ではノーミスと言える演技でした。

にも関わらず、フリーの点数を比べると、

キム・ヨナ 130.49
浅田真央  129.50

この差はなんなんだろう…。

キム・ヨナ選手はジャンプの失敗はあるが、その他の項目で加点が大きくついていたという事なんでしょうか?

勿論、表現力という点ではキム・ヨナ選手選手はぴか一で浅田選手は正直、全く届きません。

だとしても、二つの大きなミスをしたキム・ヨナ選手に対し、ノーミスだった浅田選手の方が約1点低いというのは…。

この点差の意味が理解できません。

正直、浅田選手の採点がかなり厳しいように思われます。
(解説の八木沼さんもその点を指摘されてました。)

これは、世界で唯一出場枠を3枠持っている日本に対する嫌がらせ何でしょうか?
(欧米の選手がイエローモンキーに負けるのが嫌なんだろうか…。)

それとも、五輪の後に色々とネットで話題になりましたが、やはり今の得点基準はキム・ヨナ選手に有利になるようにルール改正されてきたのでしょうか?

もし、本当にそういう事があったのであれば、それは何故なんでしょうか?

日本よりも、韓国の方が国際スケート連盟にお金を積んだという事なんでしょうか?

どうも理解できません。

五輪でも男子の4回転について論争があり、結果として4回転を飛んだ人、4回転に挑んだ人よりも、4回転を回避して無難な演技をしたライサチェックが金メダルでしたね。

どうも、限られた人にしかできない技に対する評価が低いような気がします。

男子の4回転ジャンプ、女子のトリプルアクセル。

こういった難易度の高いジャンプに対して大きなプラス点をつけなければ、結局は無難な演技をした人が金メダルになる事になり、五輪の際にプルシェンコが言っていた通り、「時代が逆行してしまう」事になります。

難易度の高い技に挑戦するという事はそれなりのリスクがあります。

それを回避した方が得策となる今の採点方式はどうなんでしょうか…。
ラベル:フィギュア
posted by たか at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

日本の食問題

先日、大西洋、地中海におけるクロマグロの国際取引禁止案が否決されました。

拍手ものと思います。

正直、クロマグロにしても、シーシェパードなんかが問題視しているクジラにしても、「ザ・コーヴ」で批判されたイルカ漁等、日本に関する生き物がやり玉に挙げられてます。

そもそもワシントン条約、動物愛護というものは感情的な物で科学的根拠がないといわれています。

また、動物愛護団体等は、どの動物をターゲットにすればうけるかという事を常に考えているという話を聞きました。

「たかじんのそこまで言って委員会」という番組でも色々といってましたが…。

単純に私が思うのはクロマグロの消費は殆どが日本人という話ですが、日本人というのは高々1億2000万人しかいないんですよ。

世界人口68億人からしたらほんの微々たるものなんですよ。

そんな所を攻撃した所でそれ程生態系に与える影響が大きいとは思えません。

イワシとかアジとかの方がものすごい量を消費されてますよね…。

クジラなんかは今アメリカなんかは捕鯨禁止の立場をとってますが、以前はアメリカが一番クジラを捕ってたんですよ。
(日本にやってきたペリーが乗った黒船なんかは、この捕鯨船で、日本に寄って燃料や食料の供給を受けたい為、開国を迫った訳ですからね。)

鯨油の為にアメリカが捕獲したクジラはものすごい量でした。

しかも、鯨油を取った後は捨ててますしね。

本当に都合のいい話ですね。

大体、クロマグロもクジラも絶滅危機ではないそうです。

それを何故つっこまれているのかというと…。

日本に対しては攻撃してもかばう国がないんですよ。

むしろ、日本を攻撃する事が国際的に歓迎されている感があります。

だから日本食に関する所がつっこまれる訳です。

日本がIWCに対して提出している調査捕鯨のデータは、このペースでクジラを取り続けても決してクジラの総量が減るものではないという事を科学的に証明しているそうです。

その為、捕鯨に反対していたアメリカの学者達も反対を取り下げたそうです。

にも関わらず、絶滅危惧と言ったような話を出してくるのは…。

動物愛護団体も収入(要はスポンサー)が必要なんです。
(勿論シーシェパードも)

そういう為だけにバッシングを行っているだけなんですよ。

しょうもないはなしですね。

恐らく、クロマグロ禁輸が通っていたら、次は鰹、その次はウナギ等、どんどん攻撃してくるつもりだったんでしょうね。

本当に動物愛護を唱える人達ってあさましい人達ですね。

動物愛護団体は科学的根拠をもっていないし、科学的根拠を唱える為に調査をしようとしません。

それは、調査して絶滅危惧でない事が判明すれば自分達の食いぶちが無くなるからなんでしょうね。
posted by たか at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

舛添って何者?

舛添さんが暴れてますね。

なんでこの人人気あるんだろう??

私はこの人が嫌いです。

厚生労働大臣だった頃に年金問題で張り上げる声は威勢のいい事であったり、清廉潔白の主張だったりするんですけど、結局この人、自分の言った言葉を守らなかった。

また、打ち上げるときは威勢がいいくせにその結果報告がない。
(実際、なにもしてないですもんね。)

要はやっているポーズだけ見せて「俺はちゃんと仕事している」っていう風に見えればいいように思えます。

最近も自民党内であたかも「俺を大事にしなければ他に行くよ」とか、「新しい党作るよ」みたいな事をちらつかせている辺りも嫌いです。

政党って方針を統一するものなんでしょ?

自分の主義主張が政党内で通らないのであれば、同志ではないので自民党を辞めればいいじゃないですか。

こんな騒ぎを起こさなくても、新党を結成すればいいんですよ。

もしくは、自分の主義と似ている政党に移ればいいんですよ。

そんな姿を見ていると、例えは悪いですが「殺すぞ!殺すぞ!」って言ってなかなか仕掛けない暗殺者に似ています。

本当の暗殺者はターゲットに対し、声も発せずためらいもなく殺すものですよ。

「殺すぞ!殺すぞ!」って言ってなかなか仕掛けない暗殺者は二流以下ですよね。

どうも舛添さんを見ているとそういう姿にかぶって見えてしまいます。

そんな騒ぎを起こさなくても、自分の主義主張があるんであればそれの実現のために突き進めばいいじゃないですか。

新党結成すればいいじゃないですか。

それが正しいと国民に認めさせればいいじゃないですか。

それをしないこの人は結局取るに足らない人なんでしょうね。

自民党というブランドに未練たらたらでしかもそこの実権を握りたいと思っているだけの人なんでしょうね。
ラベル:自民党 政治
posted by たか at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱