2010年02月27日

女子フィギュア終結

とうとう女子フィギュアが終わりました。

キム・ヨナ選手が圧巻の演技を見せて見事金メダルを獲得しました。

浅田真央選手を応援していたのですが、キム・ヨナ選手のあの演技を見せられたらもう無理だと思いました。

しかし、本当に凄い勝負でしたね。

残念なのはトリプルフリップ-ダブルループ-ダブルループのトリプルフリップの回転不足でオーバーターンした事とトリプルトーループは左足エッジが途中で氷に刺さって飛ぶタイミングが遅れて1回転になった事ですかね。

ただ、この二つを完璧に決めていてもキム・ヨナ選手のには届かなかったと思います。

終わってみれば、ここ2年間がこの二人を分けたなと感じます。

それまでは浅田真央選手の方が高得点を出し、キム・ヨナ選手選手がそれを目標に頑張るというような図式でしたが、この2年間で完全に逆転され、さらに大差をつけられました。

この2年間、トリプルアクセルを磨き続けた浅田真央選手と自分のできる技を磨き続けたキム・ヨナ選手。

明暗を分けました。

しかし、私は浅田真央選手がトリプルアクセルにこだわり続け、磨き続けたのは大賛成です。

むしろ私が首をかしげたのは浅田真央選手のプログラム構成ですね。

初めてシニアの大会に出だした頃ははつらつとしたプログラムで浅田真央らしさというのを出していたのですが…。

キム・ヨナ選手の表現力が色々と取りざたされていたので浅田真央選手も表現力を磨く努力をしだして、表現力が必要なプログラム構成になって行きましたね。

何もキム・ヨナ選手に対抗しなくても、元気はつらつな昔の演技で良かったんじゃないかな?と思ってます。
(昔、アメリカのサラ・ヒューズがそんな演技で金メダルとりましたよね。)

今回の「鐘」ですが…重厚な感じでいいのですが私的に言わせるとメリハリが無いんですよね。

曲のテンポが変わる事も無く…見せ場が無いんですね。

それに引き換えキム・ヨナ選手のプログラム構成はしっかりと起承転結がありましたし、見せ場もありました。

この辺はかなり重要な所だと思うのですが…。

キム・ヨナ選手と浅田真央選手は来月のトリノで行われる世界選手権に出場します。

また、熱い戦いを期待したいと思います。

でも、得点でちょっと納得いかないのは、女子のフリーで初めてトリプルアクセルを2回決めた割には、得点が低かったと思ったのは私だけでしょうか?

ロシェット選手も頑張りましたが、フリーの得点差は殆どありません。
(フリーの点差は0.44)

なんか、トリプルアクセルの価値があんまりないというか、価値自体が下がってきたというか…。

ちょっと解せない所はあります。

が、こんな状況でも自己ベストを出した浅田真央選手の銀メダルに、素直に拍手を送りたいと考えております。

さっきはちょっと批判じみた事を書きましたが、ジョアニー・ロシェット選手も本当に頑張りましたね。

演技が終わって天に向かっての投げキッス(恐らくお母さんに送ったんでしょう)を見たときは本当に泣きそうになりました。
(最近年のせいか涙腺がゆるくて…。)

本当に銅メダルは立派です。

こちらも素直に拍手を送りたいと思います。

安藤選手も4位と健闘。

この人はあまり好きじゃないと2月25日のブログで書きましたが、本当に素晴らしい演技でした。

クレオパトラのプログラムをこれほど短く感じた事はありませんでした。
(グランプリシリーズとかでは本当に長く感じました。)

見事でした。

また、鈴木選手も素晴らしい演技を見せてくれて、滑り終わった時の涙を見たときは本当に私も泣きそうになりました。
(やっぱり涙腺がゆるい…。)

本当に男女ともにフィギュアは日本人選手が頑張ってくれました。

金こそなかった物の男女合わせて16人の入賞者の内6名が日本人という本当に素晴らしい結果を残してくれました。

本当に皆さん頑張ってくれました。

素直にお疲れ様!と言いたいです。
ラベル:五輪
posted by たか at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

フィギュア女子SP終了

フィギュア女子のSPが終わりました。

トップはやはりキム・ヨナ選手。
(78.50は異常でしょう。)

日本勢は

2位 浅田真央選手 73.78
4位 安藤美姫選手 64.76
11位 鈴木明子選手 61.02

という事で、フリーに皆さん進まれました。

良かったです。

ジョアニー・ロシェット選手は直前にお母さんが亡くなるという不幸を乗り越えての3位(71.36)。

本当によく頑張っておられると思います。

心情的には金メダルを取らせてあげたい所ですね。

ただ、金メダル争いはもう上位3選手に絞られた感がありますね。

私としてはやっぱり浅田真央選手に金メダルを取ってほしい所。
(ロシェット選手には心情的に頑張って欲しい所はありますが…。)

現時点で行くと、キム・ヨナ選手が圧倒的で浅田真央選手に4.72ポイント差をつけています。

この差はフリーで挽回可能かと言えばその通りなんですが…。

今回のポイントをいかに示します。

      技術点 
           技術 つなぎ 実行力 振付 曲の解釈 合計
キム・ヨナ 44.70  8.60  7.90  8.60  8.40  8.75  78.50
浅田真央  41.50  8.25  7.40  8.40  8.10  8.20  73.78

お互い減点は0でしたので記載しませんでした。

比べると、全ての項目において浅田真央選手はキム・ヨナ選手に劣っています。

フリーでどこまで巻き返せるかという所ですね。

今までの流れで考えると、どちらかと言えばなんですが、キム・ヨナ選手はショートで稼いで逃げ切るという形ですよね。

あえて言えばフリーの方が苦手と感じます。
(結局、どちらも完璧なんですがあえて言うとです。)

フリーは浅田真央選手はトリプルアクセルを2回入れてくると宣言してます。

そこでどれだけ詰められるかですね。
(勿論、2回とも成功する事が最低条件ですが…。)

結局、キム・ヨナ選手がミスをして浅田真央選手が完璧な演技をするという状況でなければ浅田真央選手の金メダルは難しいと考えてます。

しかし、歴史は無情ですね。

キム・ヨナ選手と浅田真央選手。

時代が違えばそれぞれが伝説的な女王として君臨できる実力を持っているのに同じ時代に生まれてしまったという所が何ともはかないですね。

年も同じで前回のオリンピックに出れなかった経緯も同じ。

家族構成も両親と姉という、全く同じ構成で今まで獲得してきたタイトルもほぼ同じ。

キム・ヨナ選手は「真央はもう一人の私。」と言っているそうですね。

時代が違えば…。

なんか、私の世代のマンガで例えると北斗3兄弟(ジャギは外します)のような感じですね。

彼等も時代が違えばそれぞれ最強の伝承者として君臨する事が出来たのに…。

歴史は無情ですね。

ちなみに…。

金メダルは上位3名の争いになると記載しましたが、4位の安藤選手が4回転を決めたとすれば…可能性は0ではないと考えてます。

が、日本の選手ですから応援したいですが、私はあまりこの選手が好きじゃないんですね。

インタビューとか、公式な会見の場で弱音を吐いたり、言い訳をしたり(「足が痛くてぇ〜」とか…)、荒川元選手の事を「しーちゃん」って言ったり…。

私がアスリートにしてほしくない事を全てしている選手ですので…。

ポーズでもいいから弱音や言い訳、あだ名で他の選手の名前を呼ぶとかはしちゃいかん事だと思います。

そういう分別をつけるべきなんじゃないですか?

だから、心情的には安藤選手よりも浅田選手になってしまいます。

でも、オリンピックです。

日本の3人の選手には本当にいい演技をしてもらって、悔いのないバンクーバーにして欲しいと考えています。

日本がんばれ!!
ラベル:五輪
posted by たか at 01:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

葛西選手惜しくも入賞まで

ジャンプ ラージヒルが行われました。

葛西選手は予選で142.5mを飛び、堂々の1位通過も、苦戦しましたね。

予選で加西選手がヒルサイズ(140m)を超えたので、決勝は前回よりもスタート位置を4m下げた位置から。

これには多くの選手が手を焼いた訳ですが、葛西選手もそうだったみたいですね。

「焦りと力みがあった」という1回目は、K点に届かない121.5mで21位に終わりました。

ただ、この1回目のジャンプの際、風が危険という事で2分25秒のインターバルが取られましたが、これはちょっと私は不満でした。

葛西選手の前の選手数人がちょっとずつ記録を伸ばして来ていたので内心では「良い風が吹いてきたな。よしよし。」なんて思っていたものですから…。

案の定、葛西選手のジャンプの頃には風がやんでました。

なんか、惜しい気がします。

1回目のジャンプでアマン選手が144m飛んだ為、2回目のジャンプではさらにスタート位置が50cm下がるという、ほんまにラージヒル?っていうような低い位置からのスタートにも関わらず、葛西選手の2回目のジャンプは135mというビッグジャンプを見せてくれました。

勿論、その時点での1位ですし、その後しばらく1位を守り通しました。

結果としては8位まで下がったのですが、21位から8位という素晴らしい追い上げを見せてくれました。

私なんかは心の狭い人間なので「1回目のインターバルが無かったらもっと飛んだかも知らんのに…。年齢を考えたら最後のオリンピックやのに…。」なんて思ってたんですが、試合後の葛西選手の試合後のインタビューで、すごい笑顔でさわやかに話をされている姿を見て、すごくすがすがしい気持ちになったというか、ある意味感動しました。

本当に、次の団体、がんばってほしいですね。

良い風が吹きますように!!
ラベル:五輪
posted by たか at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱