2009年12月25日

アジア圏にも海賊!

2009年12月24日 時時通信

 商船三井のコンテナ船被弾=海賊が襲撃か、けが人なし−タイ沖

より。

24日午前0時ごろ(日本時間)、タイ・サッタヒープ郡の南約19キロの沖合で、商船三井が運航するコンテナ船「ACCLAIM」(パナマ船籍、1万2559トン)が、海賊とみられる不審な船に襲われ被弾したそうです。

国土交通省によると、コンテナ船には船長ら韓国人2人とフィリピン人17人の計19人が乗っていたが怪我はないとの事です。

状況は、コンテナ船は23日午後6時ごろ(日本時間)タイのバンコク港を出港、6時間程孝行したところで暗闇の中で孝行する漁船のような船の集団に遭遇。うち1隻が近寄ってくる等、不審な動きを見せた為、速度を速める等回避行動をとったが発砲を受け、右舷側船尾付近にある居住区のドアに被弾。
その後、不審船は追跡を断念し、コンテナ船の損傷は航行に問題ない為、予定通り大阪港に向かっているとの事です。

恐い話ですね。

以前、ソマリア沖で海賊船の話が出た時でも「この時代に?」なんて思いましたが、アジア圏にもいるんですね。

ほんと、世の中恐くなりました。

この海賊達は、ずっと海賊業をしていた人なんでしょうか?

それとも、この世界的不況で食べていけなくなり、海賊化してしまった人達なんでしょうか?

何にせよ、恐ろしい事です。

昔は海賊なんていたる所にいたんでしょうね。

もし、今回出没した海賊が世界不況から出てきたのであれば、今後も多くの海で出没する可能性がありますね。

世界の歴史を紐解けば、破壊と創造の歴史でもありますね。

結局平和が続くと軍事産業が立ち行かなくなるんですよね。

また、経済が成熟してくると、人々の生活は安定し、欲しいものが無くなってくる訳ですよね。

そうなると、物が売れなくなり、それらを製造している会社は利益が減ってくる事になります。

すると、画期的に人が欲するものが出てくるか、破壊されるかしない限り、不況から脱出する方法がなくなります。

そうなると、戦争というのは、軍事産業、一般メーカにとっては利益を上げる契機となります。

結局、不況となると、戦争になるんでしょうか…。

経済の躍進、技術の躍進は確かに、戦争を契機に飛躍的に上がる事も事実です。

不況を脱出するのに一番手っ取り早い方法が戦争となります。

そうなると…人は生きていく上で戦争をしないといけない事になります。
(必要悪ということですね。)

悲しいですね。

今の世界を取り巻く不況はやはり、戦争に向かっていくのでしょうか?

今回の海賊の話を聞くと、ふっと恐ろしくなりました。
(まあ、不況の為に出てきたと断定できる訳ではないですが…。)

戦争をする事なく、景気が回復し、人々が幸せに生きていく方法の模索が急務だと思われます。
ラベル:事件
posted by たか at 02:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

市橋容疑者 追起訴

2009年12月23日 時時通信

 市橋容疑者、殺人罪で追起訴=関与認める供述−英女性殺害・千葉地検

より。

市橋容疑者が英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の殺害事件において、千葉地検は23日、殺人と強姦致死の罪で市橋達也(30歳)容疑者を追起訴したとの事。

裁判員裁判で審理されるらしい。
(ちょっといってみたい。)

捜査関係者によると、市橋容疑者は11月10日の逮捕以降、千葉県警行徳諸捜査本部や千葉地検の調べに対して黙秘を続けていたが、弁護士に経緯を話しだしたという事で、このブログでも昨日、記事にしました。

同じネタで今日も記載しようと思ったのは、この記事を読んで市橋が供述を始める前、取り調べにノートを持参し、「黙ったままでいた方が罪が軽くなるのか」と書いて取調官に見せていたという記事を読んだからです。

やっぱり罪人というのは少しでも罪を軽くしたいものなんでしょうか…。

まあ、当然でしょうが、なんか反省も何もないように受け取れ、正直癇に障ります。

千葉県市川市のマンション自室で、リンゼイさんは髪を切られ、手足を縛られ、顔や上半身に殴られたような跡があり、のどの部分の骨が折れていたという状況で殺されていたんですよ。

さらに、リンゼイさんの遺体を自宅マンションのベランダに置かれた浴槽内に遺棄している訳ですよね。

かなり自分勝手で、残酷で卑劣な事件と言わざるを得ません。

そんな彼は、未だに少しでも罪を軽くしようとしてます。

なんか腹立ちますよね。

捕まった以上は潔く全て話さんかい!

彼は整形をしながら逃げ続けて、捕まった際はおとなしく従ったらしいので、「観念して潔く捕まったんやな」とか思っていたら食事を取らず、黙ったまま供述なし。

「どないやねん!!」って感じですよね。

で、「黙っていた方が罪が軽くなるんですか?」ってどないやねん!!

じゃあ、全て語ったら罪が軽くなるって言ったらペラペラしゃべるんかい!!って感じですね。

ほんま、自分が本当に可愛い男ですよね。

往生際が悪いっていうか…。

自分のしたことを全く理解できてないんでしょうね。
(それが悪い事、犯罪であるって事を)

ほんまに同情の余地のないどうしようもない人ですね。
ラベル:事件 市橋
posted by たか at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

市橋容疑者 供述始める

2009年12月23日 産経新聞

 市橋容疑者「騒がれ首絞めた」弁護団に説明

より。

市橋容疑者がようやく口を開きだしました。

彼の容疑は殺人と強姦致死。

まだ市橋のファンクラブってあるんだろうか…。

彼の供述によると「リンゼイさんを暴行しようとして連れてきた。騒がれたので首を絞めた」、「その後、動かなくなったので人工呼吸をした」と説明しているらしい。

また、殺意については否認し、謝罪の意思を示しているとの事。

殺意の否認についてはどうなんだろう…。

リンゼイさんは髪が切られ、ひもで手足を縛られていた訳です。

髪を切るという事は刃物を持っているんですよね。

また、首を絞めてるんですよね…。

立派に殺意があったように見えるんですが…。

私は以前このブログで「オタク」、「現実逃避」、「自分に酔ってるナルシスト」と記載しましたが、どうもそのようですね…。

彼は大学入試に失敗し、現実逃避をするようになり、人ともあまりしゃべらなくなったそうですが、外人には積極的に話しかけていたそうですね。

勝手に想像すると、外人を強姦している自分のアブノーマルな姿を想像して酔ってしまったんでしょうね。

その為に手当たり次第外人に声をかけていて、リンゼイさんが引っかかってしまった訳ですね。

本当に可哀そうですね。

引きこもっている内にどんどん考えや世界がアブノーマルになっていったんでしょうね。

こんな男、本当にかっこいいの?

単なる異常な性癖を持った強姦魔ですよ。

殺すつもりはなかったなんて言ってながら、騒がれたから首を絞めて殺したって…。

想定外だったとでも言いたいんですかね。

普通、強姦されそうになったら女性は騒ぎますよ。

当たり前の反応に逢って動揺したとでも言いたいのでしょうか…。

もし仮に女性が観念して市橋のされるがままになったとして、その後はどうするつもりだったんでしょうね。

市橋は昔の友人達の話によると頭が良かったらしく、外人によく声をかけていたという事は、別にリンゼイさんを見て発作的にした行動ではないはずです。

ある程度、計画を持っていたと考えるのが普通ですよね。

すると、市橋の思いを遂げた後、その女性をどうするかという所まで筋書きがあったと思われます。

一生、自分の部屋に監禁するか、殺してしまうしかないですよね。

でも、監禁というのは現実的ではないですよね。

都会ですから絶対にどこかから漏れてしまう。
(マンションですしね。音がもれるでしょう。)

となると、やっぱり彼は最初から思いを遂げたら殺すつもりだったんではないでしょうか?

こんな男に同情の余地はないですね。

にも関わらず、市橋ファンクラブが発足する今の日本はかなり異常です。

本当にどうかしてます。

市橋は極刑でいいんじゃないですか?
(ご両親はつらいでしょうが、教育も間違っていたんでしょう。)

面白半分かどうか知れないけど、市橋ファンクラブはあってはいけないですよ。

ファンクラブの方々は目を覚ましてください。
(会員番号とかあるのかな…?)
ラベル:事件 市橋
posted by たか at 03:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱